【adam’s venture origins】トロフィー評価と自由な感想

adam's venture origins

トロフィー評価

トロフィー難易度 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2/10)

プラチナトロフィー獲得のポイント

  1. 分岐条件は無し
  2. 多様なパズル
  3. 特殊な条件

分岐条件は無し

  • ストーリー進行に分岐条件は無い。
  • すべて一本道であり、収集要素もないためゲームクリアまでに大半のトロフィーが自動的に取得できる。

多様なパズル

  • ストーリーを進めるためにはパズルを解く必要がある。
  • ルートを繋げるものや数独、色を揃えるといった多様なパズルが用意されている。また翻訳の都合なのか、文章を揃えるパズルが正解しても文章的に意味不明なものがあった。

特殊な条件

  • ストーリーをクリアするだけでは取得できないトロフィーがある。
【小さな世界一周旅行】すべての地球儀を回した。

3つの地球儀を△ボタンで回すと取得出来る。いずれもストーリー序盤に配置されている。会話中は回すことが出来ないので注意。

【ねぼすけ】こんな時によく寝ていられるものだ。

ゲームが始まってから放置する事で取得出来る。

総括

ほぼ全てのトロフィーがストーリー上で取得できる。
特殊な条件のトロフィーが2つあるが、どちらもゲーム序盤で取得出来る。

アクション的な要素はほぼ無いが、後半にステルス要素がある。しかし敵の行動パターンは単純であり、チェックポイントも直前に設定されている。
パズルが解けるかが重要。パズルの説明やヒントはないため、自分で解法を見つけるしかない。問題によってはパターンを総当たりするといった多少強引な解き方も出来る。
パズルと聞くと苦手な人もいるだろうが、間違えても特にペナルティは無く簡単なものばかりなので難しくはなかった。

自由な感想


アンチャーテッドモドキ(暴言)

銃を撃たないのでアクションゲームが苦手でも大丈夫。撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ。

ステルス要素は少しあるけど簡単。

フックショットで飛んだあと着地する時ふわっとしてて怪しい挙動するときがあった。何回かそのせいで落ちた。

通れないならちゃんと閉じてほしい。全体的にガバい。


アクションとしては残念な印象を受けましたが、パズルは楽しめました。


簡単なものから少し頭を捻るもの、意味がわからないから総当たりするものと種類が色々あり面白かったです。

でもこのパズルは意味わからないし読めない。翻訳のせい?
この黒いモヤモヤは何だったの?遺跡の呪い?守護してる精霊的な何か?ゴーストタイプのポケモン?
トロフィーを獲得しました!最後は爆発で締め


爆発オチなんてサイテー!
しかも爆発せずにトロッコごと落下させてラスボス戦終了。全体的によくわからないストーリーでした。

【adam’s venture origins】紹介

西暦20年代が舞台の「Adam’s Venture: Origins」で古代の遺跡を探索して、不思議な遺物を見つけよう!信頼できる相棒Evelynと一緒に、悪の企業Clairvauxを出し抜こう!

「Adam’s Venture: Origins」は「Adam’s Venture」シリーズをリメイクしたもになる。魅力のある物語を作るためにストーリーを整理したり再度構成を練ったりすることで、原作『Adam’s Venture』で起こったことを再創造する。

「Adam’s Venture: Origins」は、SOEDESCOによってVertigo Gamesのビジョンが実現されたゲーム。難しいパズル、驚くほど美しいグラフィック、魅力のあるストーリー、そして素晴らしい操作性により、「Adam’s Venture: Origins」は見逃せないアドベンチャーゲームになる。

引用元:playstation.com

発売元:SOEDESCO Publishing B.V.
ジャンル:アドベンチャー
リリース日:2017/12/01

コメント

タイトルとURLをコピーしました