【bloodborne】トロフィー評価と自由な感想

bloodborne

トロフィー評価

トロフィー難易度 ★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)

  1. プレイヤースキルに左右されるゲーム難易度
  2. 聖杯ダンジョン
  3. 時限イベントによる取り逃し

プレイヤースキルに左右されるゲーム難易度

  • アクションRPGというゲームジャンルなので、プレイヤーの操作スキルや判断力が試される。
  • オンライン協力による熟練プレイヤーの助けを借りることが出来るし、レベルを上げてステータスを伸ばすことにより難易度の緩和、特にオンラインプレイにおいてはその難易度が激減するため、どうしても詰む、といった状況には陥り辛いと思う。
  • ゲームバランスも絶妙であり、アイテムの使用や行動パターンの観察、リゲインによる回復や銃パリィによる内臓攻撃の大ダメージ等、試行錯誤や経験により突破できる点は素晴らしい。

聖杯ダンジョン

  • 前述のレベルを上げてステータスを伸ばす、だけでは攻略できないのがこの聖杯ダンジョンである。本編ではステータスを上げて無理矢理突破できる場面もあったが、それでは通用しない。
  • 聖杯ごとに特殊な条件が付き、無限に沸いてくる高火力の雑魚敵や自HPが強制的に半分になる、さらにはその複合など、プレイヤーのスキルと忍耐力が試されるポイントである。またマップがどれも似たような単調なエリアもあるので迷うものも。

時限イベントによる取り逃し

ストーリーを進めると取り逃してしまう装備やアイテムが存在する。コンプリート系のトロフィーがあるので注意したいが、条件がゲーム内ではっきりと明かされてはいない。

総括

ゲーム難易度は高いが、理不尽なものではないし、プレイしながら自身のゲームスキルアップが見えてくるので必ずトロフィーコンプリートは出来ると思う。
オンライン協力プレイにより他プレイヤーに手伝ってもらう事も出来るし、ひたすらレベルを上げるというパワープレイでボスを倒すというのも可能である。その過程で自身のプレイスキルも上がるのが目に見えていき、楽しみながらプレイできる。
逆に言えば、そういったプレイが苦手な人には厳しいかもしれない。アクションRPGとはいうものの、ほぼアクション寄りなゲームであると感じた。

自由な感想

こんなの無理だ。

自分は下手くそなんだ、向いていないんだ、という心が折れる音から始まったゲームでした。
ヤーナム市街で市民にボコボコにされ、命からがら辿り着いた聖職者の獣に滅茶無茶に蹂躙され、撃破して調子に乗った天狗鼻をガスコイン神父に全力でへし折られました。

しかしこの絶妙なゲームバランスが素晴らしかった。
負けても悪かったのは自分のあの行動だ、というのが見えるから。
なんであそこで回復しちゃったんだ攻撃しちゃったんだ、この攻撃はこう避けたらうまくいった次のプレイはこうしてみようかな、という答えをうっすら見せてくれるドSな中にも少しの良心を感じてしまった。こうやってみんな大人になるんだね。聖杯の赤蜘蛛だけはどうやっても許さないけれど。

銃パリィをうまく成功した時やステップ回避で紙一重で避けた時等、自分の成長が見えて嬉しい瞬間です。獣の喜びを知りやがって!許さんぞ!
難易度が高いけれど逆に火が付き、製作者の思うつぼにはまってたんじゃないかな。罠もおそらく一通り食らったし。禁域の森の棘丸太とか。
突破した時の達成感はすごいです。アドレナリン出てるのが分かる。まさかゲームで手が震えるとは思いもしなかったよ。

ファンタジーの中にもホラーやSFっぽい内容も含んでいる、考察し甲斐のあるストーリーやキャラクター関係も好みでした。色々な妄想が捗るね。
武器も個性的で、ノコギリとか他ではあまり見ないものだらけでした。さらに変形するとか浪漫爆発。ガシャンガシャン変形させて遊んでた。

オンラインプレイは少し触った程度でしたが楽しかったです。
お手伝いでボスを撃破した時の相手の喜びが感じられたし、はっきりと意思疎通が出来ないのもそれが良かった。その場でくるくる回る初心者狩人ちゃん可愛い。人形ちゃんはもっと可愛い。


逆に侵入は自分の性格の悪さがよく分かる。獣の咆哮で崖下に叩き落すとか本当にごめんなさい。血の遺志ごちそうさまです。
ヒントメッセージを残せる機能も面白かった。ボス前に炎が有効だ、と教えてくれるものがある一方、通れない狭い通路の前に哀れなデブというメッセージが置いてあったりして笑わせてもらいました。

DLCも良かったです。珍しく手を出したDLCですが大満足。
武器やボスもすべて個性的で、ぜひ本編で面白かったと感じた人にはやってもらいたい。回転ノコギリとか弓とかガトリング砲とか使えるよ!

今までプレイしたタイトルの中でも上位に入る面白さ、はまり具合でした。是非未プレイの方には挑戦てもらいたい。

少し方向の違う話になりますが、ジェヴォーダンの獣という映画がまさにbloodborneの世界というのを耳にしたので、今度観てみたいと思います。多分TSUTAYAとかGEOにあるんじゃないかな。

【bloodborne】紹介

SIE JAPANスタジオ×フロム・ソフトウェアの最強タッグ再び――PS4で“革新”と“死闘”の夜が始まる


アクションRPGの金字塔『Demon’s Souls(デモンズソウル)』を生み出したタッグ、SCE JAPANスタジオとフロム・ソフトウェアが再び手を組み贈る『Bloodborne(ブラッドボーン)』。PS4の誇る高いマシンパワーによって表現された重厚なダークファンタジーワールドを背景に、“革新”と“新たな死闘感”を描き出す。

プレイヤーを待ち受けるのは、未知なる探索による高揚と、強大な難敵や異形の怪物との死闘の数々。トライ&エラーを繰り返す戦いの果て、自らの純粋な“成長”や難局の打開策に気付いた時、他では味わえない圧倒的な達成感を得られるはずだ。

古都ヤーナムを舞台に描かれる、一夜の悪夢
舞台は、人が獣と化す奇妙な風土病“獣の病”が蔓延する古都ヤーナム。19世紀ヴィクトリア時代をモチーフにした数々のゴシック建築や宗教彫刻が立ち並ぶこの街は、“血を利用した民間医療”が発展した背景を持つ。それゆえに多くの病み人たちが最後の希望を求め、この異様な静けさに包まれた街を訪れる。

だがヤーナムの住人たちは異邦人に冷たく、街に隠された秘密を語ろうとはしない。待ち受けるのは、気の触れた住民たちが人と獣の見境なく襲い掛かる“獣狩りの夜”……。その夜を越え朝を迎えるためには、狩人として死臭ただようこの街を探索し、数々の死闘を乗り越え、秘密を暴き出す他に道はない。

SYSTEM
“死闘”を演出するシステムと数々の武器

攻撃こそ最大の防御・リゲイン
敵の攻撃によりダメージを受けた場合、一定時間内にカウンター攻撃を決めることができれば、体力が回復するシステム“リゲイン”。本作では、積極的な攻めの姿勢こそが最大の防御となる。

回避するか、それともその一歩を踏み出し斬り込むのか、とっさの判断が戦局を左右する。

多彩なプレイスタイルを可能にする仕掛け武器と銃
攻撃は、銃と仕掛け武器の2つを切り替えて行う。中でも狩人特有の仕掛け武器は豊富な種類が用意されており、その選択によって多彩なプレイスタイルを可能にする。仕掛け武器は変形によって特徴が大きく変化するので、状況に合わせて使い分けよう。下記では、その一部を紹介する。

獣狩りの短銃
水銀の銃弾を発射する標準的な銃で、素早い射撃による迎撃を得意とする。この他にも、当てやすく威力の高い散弾銃など複数の銃が存在。仕掛け武器とともに、好みに合わせて選択しよう。

ノコギリ鉈

変形前は獣の皮肉を裂くノコギリとして、変形後は遠心力を利用する長柄の鉈(ナタ)としてそれぞれ機能する。特にノコギリは、狩人を象徴する武器の1つでもある。

教会の石鎚
重く巨大な石の鈍器の鞘に、扱いやすい銀の剣を収めた、極端な二面性を持つ武器。医療教会に属する狩人が用いたという。

仕込み杖
硬質の杖は、仕掛けを起動することで刃の鞭になる。獣を鞭打つという様式美と、中距離から敵を切り刻む爽快感を兼ね備えた武器だ。

オンラインプレイ
『デモンズソウル』で好評を博したオンラインでのマルチプレイも搭載。1人では難しい局面に遭遇したら、他の狩人たちに協力を求めるのも1つの手だ。

またフィールドでは、小さな亡霊のような姿をした者たちと出会うことがある。この亡霊は、プレイヤーの分身として他のプレイヤーに意志を伝える“使者”としての役割りを担っている。ネットワークを介して託された誰かのメッセージが、あるいは“使者”にあなたが託したメッセージが、攻略のヒントになるかもしれない。

CHALICE DUNGEONS
新鮮な体験を常に提供する“聖杯ダンジョン”

さらなる高みを目指すプレイヤーへの贈り物として、“聖杯ダンジョン”を用意。ヤーナムの地下には遺跡が幾層にもわたって横たわっており、それは見る者によって姿を変えるという。この聖杯ダンジョンは儀式によって生成され、その都度構造が変化する。一度生成したダンジョンは一定数ストックすることができるので、繰り返し挑戦可能だ。

また聖杯ダンジョンの最大の特徴は、他プレイヤーとの“共有”にある。生成したダンジョンにフレンドを呼び込んで一緒に探索できるのはもちろん、世界中にシェアすることによって、不特定多数のプレイヤーが同じ構造のダンジョンに挑戦できる。情報を共有し、ともに攻略の糸口を見つけ出そう。

引用元:playstation.com

発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ジャンル:アクション, RPG
リリース日:2018/07/26

コメント

タイトルとURLをコピーしました