【カラドリウス ブレイズ】トロフィー評価と自由な感想

カラドリウス ブレイズ

トロフィー評価

難易度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆(3/10)

プラチナトロフィー獲得のポイント

  1. シューティングゲームとしての難易度
  2. ゲームクリアやトロフィー取得に有利な機能
  3. 【集めし力】

シューティングゲームとしての難易度

  • シューティングのジャンルのゲームは高難度のイメージが強く、処理落ちするほどの弾幕をドット単位で回避したり、無数の敵を相手にする、といった印象があった。しかしこのゲームははそういった鬼畜仕様ではないと感じた。
  • 敵の弾を自機の弾で消せる、というゲームシステムが特徴的で、それにより難易度が高いと感じたステージは無かった。

ゲームクリアやトロフィー取得に有利な機能

  • 機体を数種類から選び、それぞれに特徴あるショットを搭載しているのだが、クリアしていくうちにそのショットをそれぞれ自機に割り振れるという機能がある。
  • 追尾するショットやバリアを展開するショット、さらには敵の弾を跳ね返すショットなどユニークなものが多々存在するので、それぞれ自分に合ったものを搭載すればクリア、さらにノーミスクリアまでもが容易であった。
  • ステージ毎の特殊なトロフィーについても、ステージセレクト機能があるので取得できるまでのやり直しも簡単、かつ条件も難しくないものが多かったと感じた。

【集めし力】

  • おそらく最後まで残るであろう【集めし力】のトロフィー。エーテルチップを累計1000個取得する、という内容なのだが、1つのステージで獲得できる数は多くても30個前後であり、さらには今まで獲得した累計が確認できない。
  • ゴールが見えない以上ストレスとなるし、さらにはちゃんとやり方があっているのか不安になる仕様であった。
  • ステージ5でケイを使用し、ボス戦を含む道中すべてエレメンタルバースト(L2ボタン)ですべて撃破、使用できなくなったら自滅しコンティニューしてやり直す、というやり方でステージ5を周回した。
  • またボス戦ではボスの魔法陣に突っ込み、魔法陣上でエレメンタルバーストを使用するとダメージは与えずにエーテルチップ獲得のゲージが溜まるので、そのやり方で稼いだ。

総括

自機カスタムでバリアと追尾と反射を使用すればノーダメージクリアの【掴みし栄光】トロフィーは難なく獲得出来ると思う。


自機をカラドリウスでプレイ。追尾するノーマルショットが使いやすく、カスタムで水のバリアを使用すればノーダメージクリアできた。


スコアアタックの【遥かなる道標】も、ノーダメージクリアを狙う道中で獲得できる。出来るだけエレメンタルシュートで敵を撃破するのを意識すればステージ5の途中で獲得出来た。


【集めし力】取得までの忍耐力があれば、トロフィーコンプリートは容易である。

自由な感想

良く出来た同人ゲーっぽい雰囲気。
シューティングゲームなんて真剣にやったことがなかった。ツインビーとか昔やった記憶が…。東方シリーズは名前くらいしかよく知らないし、怒首領蜂とかもすごい難しいのを知ってるだけ。そんな自分でもクリアできるシューティングゲームでした。

特徴としてまず何よりも服が脱げる事。モチベーション増加って重要だよね。
自操作キャラがミスしたりボスに一定のダメージを与えると(厳密には一定のスコアを稼いだ後にミスや一定ダメージ)専用の画像が表示されます。


人前でプレイしてはいけない。
キャラクターも可愛い。ステージ3のミリアちゃんが一番タイプです。脱がすために頑張るんだ。

シューティングとしての難易度も高くなく、適当に誘導する弾を撃ちながら危なかったらバリアかボムでクリア出来ました。ヌルゲーですね。ガチガチのシューティングゲーマーには物足りないかも。
ステージ数も多くなく、逆に言えば物足りない感はあるけれど、個人的には丁度良いステージ数でした。あまり長すぎると目が疲れるんだ。

【集めし力】のトロフィーだけ辛かった。何故獲得した累計数が見れないんだ。やり方あってるか凄い不安になりながら周回していた。最後は死んだ目になってたと思う。TV見ながらやネットサーフィンしながらの、ながらプレイしたほうが精神安定上良いと思われます。
あと配信直後トロフィー同期できないバグ?があってなんかドキドキしたのを覚えてる。数日後大丈夫になったようだけど。

シューティングゲーム、という個人的には敷居が高そうに感じるジャンルの入門編として、敬遠していた方はプレイしてみると良いと思いました。プレイするときは一人でやったほうが良いよ。

【カラドリウス ブレイズ】紹介

それは、シューティングで始まる叙事詩。

キャラクターデザイン:ヤスダスズヒト(「夜桜四重奏」「デュラララ!!」等)
サウンド担当:ベイシスケイプ(「電波人間のRPG」「朧村正」等)

「雷電」シリーズのスタッフによる本格派ゲームバランスと新鋭クリエイターの独創性が融合した新時代シューティング、ここに登場!

■総勢15名以上のキャラクター達が織り成すストーリー!
キャラクターは「夜桜四重奏」「デビルサバイバー」の ヤスダスズヒト描きおろし!
なんと8種の自機/主人公が選べる大ボリュームで、キャラクターごとに異なるシナリオを用意!!
さらに2人同時プレイでも専用のストーリーが広がります!!

■戦略的レベルアップが行なえる「エレメントシュートシステム」!
キャラクターごとに全て異なる、個性派揃いの機体性能が近作の特徴!
攻略の鍵となる特殊武器「エレメントシュート」はその全てが強化・カスタマイズが可能となっています!
自分だけの攻略法を見つけ出せ!!

■前作、ACの全てを超え更にパワーアップ!
前作およびアーケード版の全要素を収録し、独自のオリジナルモードを実装!
現在絶賛稼働中のアーケード版『カラドリウスAC』の楽しみを再現しただけでなく、新主人公/新シナリオ/新ステージ/新ボスキャラクターを一挙追加!!
新たな攻略システム『エボリューション』も加え、前作を遊んだ方も新鮮な気持ちで楽しめる、かつてないボリュームの豪華版です!!

■ライトユーザー、新規シューティングファン層向けの機能を多数追加!
キャラクター別のチュートリアルに加え、ゲームバランスを調整し難易度調整もより充実の内容に!
簡単操作で2つの機体を動かせる新操作『シンクロ』など、STG初心者も楽しめる仕掛けが盛りだくさん!

■楽しみ方も3倍!? 充実のストーリーモード!
『カラドリウス ブレイズ』のメインとなるモードは、主人公を選んでステージを攻略していき、キャラクターごとに異なる物語が楽しめるストーリーモードです。
このモードは更に3種類に分かれており、それぞれ別の遊び方を楽しむことができます。

・【Original Mode】
前作『カラドリウス』の内容を踏襲し、3種の基礎となるモードです。
『カラドリウス』を遊んで頂いた方も、操作キャラクターの追加や各種バランスの調整により、新鮮に楽しんで頂くことが可能です。

▲強化/カスタマイズが可能な特殊攻撃『エレメントシュート』を使いこなすことが攻略の鍵となる!

・【Arcade Mode】
現在好評稼動中のアーケード版『カラドリウスAC』を楽しめるモードです。Arcade Mode独自の新システムの『フュージョン』に加え、2種のミッションステージを追加!ACの楽しさを完全再現しています。

▲アーケードの興奮をそのままに、思う存分楽しむことが可能!

・【Evolution Mode】
本作『カラドリウス ブレイズ』の目玉となる新モード!新プレイヤーキャラクターはもちろん、新たなステージ/ボスキャラクターを追加し、更に爽快さを増した新システムを実装!前作を遊んで頂いた方も一層楽しむことができる、かつてない大ボリュームの内容となっています。

引用元:playstation.com

発売元:(株)モス
ジャンル:ゴシックホラーシューティング
リリース日:2014/08/28

コメント

タイトルとURLをコピーしました