【Call of Duty WW2】トロフィー評価と自由な感想

Call of Duty WW2

本編のみ。

『Call of Duty®: WWII 「レジスタンス編」』『Call of Duty®: WWII 「軍事機構編」』『Call of Duty®: WWII 「共同戦線編」』『Call of Duty®: WWII「影の大戦編」』は評価に含まない。

トロフィー評価

トロフィー難易度 ★★★★★★★★☆☆(8/10)

  1. キャンペーン
  2. オンラインマルチプレイヤー
  3. ゾンビ

キャンペーン

  • 難易度ベテランでクリアする【功績】は敵の攻撃が激しい。また今までのシリーズやFPSでよくある攻撃を受けていないと体力が自動回復するというシステムではなく、アイテム使用で体力を回復する。この仕様によりチェックポイントによっては詰んでしまう可能性もあった反面、任意のタイミングで回復出来るという利点もある。
    仲間と行動する場合は回復や弾薬、地点に砲撃といった便利なアシストをしてくれるのでうまく利用すると良い。
  • 特殊な条件をクリアするトロフィーがあり、高射砲で敵機を全て撃破する【高射砲】【ディフェンダー】の2つが特に難しかった。どちらも途中にチェックポイントがあり、時間経過で敵機が次々と出現するためチェックポイントの前にやりなおす必要がある。

オンラインマルチプレイヤー

  • プレステージに突入する【陸軍元帥】が時間がかかる。経験値が倍になるイベントをうまく利用すると時間が短縮でき、良い成績を残すことで獲得経験値が増えるためFPSが得意なプレイヤーは早めにプレステージに突入できると思う。

ゾンビ

  • ウェーブ制のミッションをクリアしながら謎解きをこなさないといけない。ウェーブが進むにつれ敵のHPや出現数が多くなるため、一人が謎解きをしもう一人がゾンビを連れて逃げ回る、いわゆるトレイン役を決めて時間を稼ぐという役割分担をしないとジリ貧になる。
  • クリアするだけならばソロでも可能だが、隠されたエンディングに到達する【ダークリユニオン】トロフィー獲得にはVCでの意思疎通が可能なパーティを組むのが望ましい。というのも対象のゾンビを決まったエリアで倒す、小さなターゲットを時間内に順番に壊す、といった条件をクリアするために他のゾンビに妨害されてしまうからである。最低一人はトレイン役を決めるとスムーズに攻略出来た。

総括

シリーズ経験者やFPS経験者ならばキャンペーンのベテランクリアはそこまで難しくない。オンラインマルチプレイも時間はかかるものの難易度としては低いと感じた。
ゾンビ攻略のために役割分担や謎解きを熟知する事でプラチナトロフィーは獲得できると感じた。

モードで難易度を分けるとするならば、キャンペーン5/10 マルチプレイヤー2/10 ゾンビ7/10、総合で8/10としたい。

自由な感想

泥臭い戦場の雰囲気がすごい。
歴史上の第二次世界大戦を基にしているだけあって、戦場のリアリティーや兵士の葛藤、主人公と仲間の戦場の絆というストーリーが絡まっており、男の子がワクワクするものが詰まっていました。

戦闘での武器や兵器といった歴史の資料として見てみるのも面白いですね。あんな使い辛そうな武器でよく戦っていたなぁ、と。こんなのでヘッドショット狙えるの?(ゲーム脳)

キャンペーンをプレイするにおいて仲間が頼もしかった。回復や弾薬をくれたり、地点砲撃をしてくれたりと仲間と上手く連携する事で難易度ベテランでもなんとかクリア出来ました。
今までのシリーズやFPSでよくある回復はじっとして隠れていれば自動的に回復する、というものから変更されよりリアリティある戦場での戦闘が表現されていたと思います。そのせいで難しい場面もあったけど。回復を使い切ってチェックポイントに入ると詰みそうなポイントがありそう。

個人的にストーリーでは『493高地』にて戦車にテルミットを仕掛け破壊するシーン、トロフィー的には高射砲を使う2つが特に難しかった。

半端にチェックポイントがあるせいで失敗するとやりなおすのに時間がかかる。ストーリー進めるだけならば有難いチェックポイントだけど、トロフィー取得のためには邪魔でしかないという。

表現も凄く、特にお気に入りなのが列車が脱線するシーン。とても迫力がありました。

オンラインマルチプレイはWARモードが楽しかった。攻撃側が好きです。海岸の上陸作戦のやつはクソゲーになりがち。0キル20デスとかひどすぎる成績取ったことも。自分が固定機銃つかうとスナイパーにすぐ撃ち抜かれる。

他のルールだとPROP HUNTというかくれんぼのやつも面白かった。いかに隠れるかという普段とは違った遊びが出来ます。
期間限定のイベント中のINFECTEDも昔から好きなモードの一つ。シリーズ恒例なのかな、感染者増やす奴。お前ゾンビになれ自分はなりたくないって思いながらカウントダウン中に相手と向き合うよね。せっかちな相手だとカウント終了の瞬間発砲されたりする。そしてぼっちゾンビになって途方に暮れる。

FPSなのに撃ち合いしないのが好きってどういうこと。下手だからですかね。
色々なモードがあり、DOMINATIONやTEAM DEATHMATCHといった定番も含めて楽しめました。

燃える弾のショットガン狭いマップでめっちゃ強くない?

ゾンビが難しかった。

急に出てきてビックリさせるゾンビ大嫌い。デュアルのハンドガンがかっこいいし強くてよく使ってました。

隠しエンディングの方の謎解きは難しく、ノーヒントなため動画や攻略サイトにお世話になりました。自分はほぼゾンビトレインする係とダウンして迷惑かける係だった。
パーティでの協力プレイで無事クリア、フレンドに感謝です。野良だとみんなゾンビ殺しまくって物量で押しつぶされて終了、ばっかりだった。

【Call of Duty WW2】紹介

第二次世界大戦を舞台にした息をのむような体験を最新のゲーム技術で実現。D-デイのノルマンディー上陸から、ヨーロッパの戦史に残る数々の戦場を駆け抜けろ。「コール オブ デューティ」だからこそ描ける本物の戦場さながらの戦闘と、仲間たちとの絆。仲間とともに過酷な戦闘をくぐり抜け戦おう。

「キャンペーンモード」、「マルチプレイヤーモード」、「協力プレイモード」の3つのモードを収録。本物の戦場さながらのグラフィックで描かれるキャンペーンモードでは、第二次世界大戦におけるヨーロッパの数々の戦場を舞台に、プレイヤーである一兵卒と仲間との絆の物語が展開されます。マルチプレイヤーモードは、世界中のプレイヤーと第二次世界大戦の戦場を舞台に対戦を楽しめます。地に足の着いた戦いで、戦場を走り回って敵を倒すシンプルながら奥深い戦闘体験が待っています。協力プレイモードでは、予想外の展開やアクション満載のオリジナルストーリーが、他のモードから独立したゲーム体験として提供されます。

引用元:playstation.com

発売元:アクティビジョン
ジャンル:シューティング
リリース日:2017/11/03

コメント

タイトルとURLをコピーしました