【DARKSIDERS Warmastered Edition】トロフィー評価と自由な感想

DARKSIDERS

トロフィー評価

難易度 ★★★★☆☆☆☆☆☆(4/10)

  1. 収集要素&謎解き&アクション
  2. ストーリー上の時限要素
  3. 難易度別トロフィー

収集要素&謎解き&アクション

  • ライフストーン・ラスコア・アーティファクト・アビスアーマーの収集要素がある。
  • アイテム『フューリーの加護』を入手する事でマップに宝箱やアーティファクトの場所が記されるため、まずはそちらを入手すると良い。
  • 装備を手に入れてからでないと入手出来ないものもあるため、最低2回は各マップを訪れないといけない。
  • 謎解き要素はそこまで難しくなく、マップをよく観察し装備毎の特徴を理解することで解けるものであった。
  • アクションというジャンルであるため、操作の正確さも重要になってくる。

ストーリー上の時限要素

  • ストーリーの都合上、シーンで一度でしか条件を満たせないトロフィーがある。
  • 幸い手動セーブを残せるため、初見で取得できる自信が無い場合は手動セーブ推奨。

難易度別トロフィー

  • 最高難易度でクリアするトロフィーがある。
  • 敵の攻撃力が高く苦戦は必須だが、唯一の引継ぎ要素であるアビスアーマーを入手していると難易度が下がる。これは防御力アップ+攻撃が当たる度にHP回復という性能で、引き継ぐことにより難易度の違いが無いほどに感じた。

総括

理論上は1周でトロコン可能であるが、最高難易度は敵の攻撃力がとても高くなるため1周目は低難易度で収集要素と各時限トロフィーを取得した後、引継ぎを利用して最高難易度に挑戦すると良い。

自由な感想

ゼルダ+GOW+DMC。4:3:3の割合。

謎解き要素があり、なかなかの難易度で頭の体操になりました。また一度クリアしたエリアも装備を入手した後で道が開けるのが面白かった。

悪魔と天使と地獄と天界の戦争という中二病設定。私は大好物ですけど。

評議会ってこれだよね。すべてはゼーレのシナリオ通りに。

つまり最終戦争は人類補完計画だったんだよ!なんだってー!

足が遅い。もうちょっと早くして欲しかった。ジャンプのタイミングも遅い気がする。何回も足場から落ちた。足が短いからかな?

武器技が色々あったけどあまり使わなかった。ハープーンタックルがめっちゃ強いし使いやすい。DMCでいうスティンガー。難易度難しいですらぶっぱで敵は死ぬ。起き攻めみたいになってハメれる時もあった。もうちょっとコンボとか魅せ技的なものがあれば違う楽しみがあったかもしれない。

フィニッシュ技がどれも全てグロい。ちょっと人を選ぶかもしれない。ダークヒーローとしては良い演出ではあると思う。

どうも主人公が好きになれなかったなぁ。あんまり格好良くない。

どちらかというと可愛い。

【DARKSIDERS Warmastered Edition】紹介

焦炎評議会の前に引き立てられたウォーは無実の罪により起訴され、力を奪われた。名誉を汚され、命の危機にさらされたウォーには一つの選択が与えられる。それは、地上に戻り、真相を解き明かして真の罪人を罰すること。

復讐に燃える天使たちがウォーをつけ狙う。また本来は敵対している魔界の勢力とも対峙し、狩るべき悪魔たちと危うい同盟を築かなければならない。逆風の中、ウォーは焦土と化した地上で復讐と雪辱を果たすことができるか。

リマスター版の特徴

・ネイティブ1080pに対応
・全てのテクスチャ解像度を倍に
・レンダリングの改善と再加工
・影のレンダリングクオリティの向上
・ポストプロセスエフェクト追加
・フレームレート60FPS

発売元:THQ Nordic GmbH
ジャンル:アクション
リリース日:2017/11/24

コメント

タイトルとURLをコピーしました