【DOWNWELL】トロフィー評価と自由な感想

DOWNWELL

トロフィー評価

トロフィー難易度 ★★★★★★★★★☆(9/10)

プラチナトロフィー獲得のポイント

  1. ゲームシステム
  2. モジュールの選択
  3. ハードモードとステージ攻略

ゲームシステム

  • 使用するボタンはジャンプとショットの2種類のみ。これらを使い分けて下へ下へと降りていく事が目的のアクション。足場や敵はプレイごとにランダムで配置される。
  • 敵やトゲなどに接触するとダメージ、HPが0になるとゲームオーバー。途中のセーブは無い。
  • ジェムを集めることでスタイルが解禁。初期HPが多かったり滞空時間が長かったりとそれぞれ特徴がある。
  • 白色の敵は踏むことで倒せるのだが、踏めない赤色の敵や特殊な行動をする様々な敵がステージ毎に変化。咄嗟の判断力や反射神経が試される。1-1から5-1までの全13レベル、5エリアを攻略するとエンディング。
  • 小部屋に置いてあるモジュールを入手するとショットが変化し、ショットガンやレーザーといった特殊な弾が撃てるようになる。
  • レベルをクリア毎にドローンが追尾したりHPを回復出来たりとアップグレードが3つから選んで入手できる。どれが出現するかはランダムな為運の要素が強い。
  • 連続で敵を踏み続けるとコンボとなり、15コンボで電力+1、25コンボで電力+1&HP1回復。コンボに限らずHPが最大の状態で回復するとゲージが溜まり、4つになると最大HPが1増加。
  • ゲームオーバーになると途中で手に入れたモジュール、最大HP、電力といったパワーアップを全てリセットされるため、単純にアクションゲームのテクニックが必要。人によっては苦手なジャンルになる。

モジュールの選択

  • レベルクリアで入手できるモジュールには様々な種類があるが、その中でも攻略に役立つモジュールの紹介をしたい。

ジェムハツデン

ジェムを入手するたびに電力が回復する。コンボを繋ぎたいときにはもちろん、足場がほぼ無いエリア4での生存率が高まる。最優先で入手したい。

ナイフとフォーク

敵の死体に10回接触するとHP1回復。回復手段が限られているこのゲームにおいて早目に入手しておきたい。逆にエリア4までに入手出来ないと優先度は下がる。

ポンポンジェム

ジェム入手で上方向に攻撃できる。エリア3のイカやエリア4全般では上方向からの攻撃に意図せず当たってしまうことがあるのでそのダメージを抑えることが出来る。威力も意外と強く、大きいジェム入手での攻撃はほぼ1撃で敵を倒せる。

メンバーズカード

初回に必ずショップが出現、商品が10%オフ。

お店が出ないブンブンスタイルと組み合わせると良い。エリア3では店主に接触すると酸素を入手できるので僅かに回復も可能。その少しの酸素で最終的に命拾いするかも。

  • ここからは逆に、個人的には取得しない方が良かったモジュールを紹介したい。

ハードジョウブツ

死体を撃つと爆発する。ナイフとフォークが完全に死にスキルになってしまう。派手な爆発で画面が見えづらくなる事もマイナスポイント。

ロケットジャンプ

ジャンプすると爆発が起きる。一見便利そうだが、ハードジョウブツと同じく視認性が悪くなる。また破壊可能なブロックの上でジャンプすると当然足場がなくなるため、敵を踏むためにジャンプしたものの着地する足場がなく、思わぬ落下で焦ってしまいダメージ、という事があった。

  • 使い方によっては有効な効果があるかもしれないが、自分には合わなかった。
  • 何が出現するかはランダムなので、エリアの進行具合と自分のプレイスタイルに合ったものが出現する事を祈ろう。場合によってはリスタートも選択肢のひとつに。

ハードモードとステージ攻略

  • 一度クリアする事でハードモードが出現。各エリアクリア、ボス撃破トロフィーがある。
  • ハードモードではどのエリアでも敵の出現数が多くなり、エリアのギミックが強化される。
  • エリア1
    • 時間経過で上から無限に敵が出現。ジェムは稼ごうと思えばいくらでも入手できるが、些細なミスでHPを減らすよりはさっさと降りた方が良い。このエリアでコンボを最低15、可能なら25まで繋いで最大電力、最大HPを増やせるかが後半エリアの攻略の鍵となる。運よくナイフとフォークを入手できたら可能な限り敵を倒し死体を回収する。
  • エリア2
    • 着地で出現するトゲが着地せずとも一定タイミングで出る仕様になる。床や壁を貫通してくるオバケは落ち着いて処理。弾を当てると赤くなるガイコツは赤いオバケと同時に出現が多かったため、確実に踏める時だけ踏み、普段はショットの連打で確実に倒しきる。足場の配置パターンがいくつか同じようなものがあるため、何度もプレイするとわかるようになるかも。
  • エリア3
    • 酸素の消費が速く、瓶やドラム缶が消滅。泡が浮いているのでそれを入手する事で酸素回復。イカは落下時でも上から踏めるので覚えておくと良い。
    • 小技として、ショップの店主にカウンターと飛び越えて触れると酸素を回復できる。
  • エリア4
    • 敵の出現数が増え、すべての敵が出現。出現した敵を全て倒す、くらいの気持ちでジェムを稼いでボス戦直前のショップに備えたい。
    • 敵が多いという事はコンボを繋げやすいという事なので、確実に25コンボを繋げて回復しよう。モジュール部屋に入るとコンボが途切れないのは今までのプレイで解っているとは思うが、部屋から出る時にジャンプするとコンボ継続、歩いて出るとコンボが切れる。これを利用して部屋=回復ポイント、としよう。
    • ノーマルモードにはあった横の壁から生えているトゲが無くなっているので、電池切れのときは壁に沿って落下すると上手く部屋にたどり着けるかも。
  • エリア5
    • ボスの攻撃が激しくなっており、同時に雑魚敵も多く出現する。ボスが光ったら3方向に攻撃してくるので近すぎず遠すぎず、の距離をキープする。攻撃力重視の場合はレーザーかバースト、雑魚敵の処理にはショットガンが良さげだったのでお好みで。
    • タンマがあればわざとバリアを発生させ時間を止め、その中で連射するとHPを一気に削ることも出来るので覚えておこう。

総括

ハードモードクリアに相当なアクションテクニックが要求される。モジュールは運の要素が強く、いかに今出来る事を最大限理解出来るかが重要。

何度も繰り返しプレイし、コンボを繋げる練習と敵やギミックの理解、スタイル毎の強みと弱みといったシステムを覚えつつアクションのテクニックを身に付ける事がプラチナトロフィー獲得へ繋がる。

ハードモードをクリア出来る実力があれば、着地せずにエリアクリアやジェムを集めるといった特殊条件トロフィーは簡単に獲得出来るはず。

自由な感想

井戸からの卒業、いどばいばい。井戸よ永遠に。もう二度とやらないやりたくない難しかった。エンディングはほっこり。

実力と運がどちらも必要なアクション。特にハードモードの難易度は高く、単純なゲーム性だからこそ高いレベルのテクニックが必要でした。

スタイルやアップグレード、ショットの種類の組み合わせが面白いです。

マシンガンは威力はありませんが連射が速く、逆にレーザーは強力だけど電力消費が激しいといったショットの違い、ゴロゴロスタイルはお店が出ないからメンバーズカードを優先で入手、フワフワスタイルとジェムハツデンで100コンボを目指す、といった具合にシナジーのあるスタイルとアップグレードの組み合わせがあったり、ナイフとフォークがあるのにハードジョウブツを取ってしまい回復できるはずの死体をショットガンで手当たり次第爆破し自らの首を絞めたりと便利な組み合わせ、面白い組み合わせがありました。

エリア毎に敵やギミックが変化し、飽きずにプレイ出来ました。ハードモードに突入するまではね。一度ミスするとなし崩しにミスを連発してあっという間にゲームオーバー、これが何度も続くと心が折れそうになります。

シンプルだからこそ奥が深いです。アクションに自信があり高難易度に挑戦してみたいという方にオススメですよ。絶望の井戸へ落ちてみませんか。

【DOWNWELL】紹介

深淵で待ち受けるものは、希望か、絶望か—
主人公が頼れるものは、ガンブーツひとつ。
ぽっかりと空いた井戸に落ちて行く。
静寂に包まれた底なしの闇に飛び込んだが最後、もう後戻りは出来ない。
得体の知れない化物を倒し、踏みつけ、下へ下へ。
洞窟に残された宝の山や、井戸の中の不思議なよろず屋でアイテムを揃え、自分自身を強化しながらどんどん突き進む。
幾多の挑戦者を苦しめた、究極の難易度を誇る2Dアクションゲーム。
あなたは最後までたどり着けるか!?

引用元:store.playstation.com

発売元:GHI Media LLC,(Devolver Digital)
ジャンル:アクション
リリース日:2016/05/26

コメント

タイトルとURLをコピーしました