【みんなで空気読み。】トロフィー評価と自由な感想

みんなで空気読み。

トロフィー評価

トロフィー難易度 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2/10)

トロフィーコンプリートのポイント

  • 全100問ある「空気読み。」モード
  • あえて間違える「読まない。」モード
  • シークレットの達成条件

全100問ある「空気読み。」モード

  • 「空気読み。」モードを50問終える【あと半分】、100問終える【診断終了】というトロフィーがある。一つ一つの問題は数秒で終わる程度のもので短いのだが、それでも100問となると多い。
  • また「空気読み。」モードで各項目65点以上を獲得する【平均よりかは読めるほう。】というトロフィーもあるため、出来れば同時に取得するのが良い。

2.あえて間違える「読まない。」モード

  • 「空気読み。」モードをクリアする事で「読まない。」モードが解放される。
  • クリアすると【もうええわ!】、各項目65点以上を獲得する【平均よりもボケれるほう。】といったトロフィーがある。
  • 「空気読み。」「読まない。」どちらのモードにも言えることだが、点数の基準がよくわからない。単純に間違えればよいのか、あるいはシークレットの条件を達成する必要があるのかという疑問があった。

3.シークレットの達成条件

  • 全てのステージにシークレットと呼ばれる特殊な行動、いわゆるボケる行動が設定されており、全てのシークレットの行動をする事で【空気の探究者。】が取得できる。
  • 問題によってはこうボケればいいだろうと予測がつくものもあるが、まったく意味不明なものもあった。
  • リストがあるため取得済みかを判別できるので、まずは最後までクリアするとステージ選択が可能になるので、それから未取得のチャプターでシークレットを探すとよい。

総括

数秒で終わるミニゲーム集、といったゲームなのでそこまで時間はかからず、かつリプレイも出来る。
通してクリアし一定の評価を得る必要があるが、プレイ時間の大半はシークレットを埋めるためのリプレイであった。


エクストラモードで取得する【…乗れてるっぽい。】【…飛べてるっぽい。】も単純なミニゲームを失敗せずに連続で20回クリアし続けるというものなので、苦戦することなく取得出来た。

どうしても評価が基準に満たない場合は動画をトレースするという事も出来る。

自由な感想

笑えるミニゲーム集。

正解が分かりやすいものもあれば、これどれが正解なんだよボケの方も分からないという自分のコミュ障が浮き彫りになる場面もあるゲームでした。

ロボットアニメというかガンダムそのものでしょ。

いつからイエロー役は太っていてカレーが好きなイメージが定着したのかな。

スタッフロールまで問題になっているのは面白かったです。スマブラのスタッフロールのシューティングを思い出しました。発想の勝利ですね。

オフラインで2人で遊べるのでみんなでワイワイやったら楽しそう。某マラソンゲーよりは盛り上がるかと。

【みんなで空気読み。】紹介

誰の目を気にすることもなく一人で空気を読める。
かつて一世を風靡した“空気読めてる度”診断ゲーム「空気読み。」が、
いくつかの新問題とふたり用モードを携え、PS4におじゃまいたします。

基本的なルールは、画面内の赤いものを動かすことができるということ。
主に、主人公である「お前」を操作しますが、状況によって違うものを操作することもあります。
100問プレイすることで、どれだけ空気が読めていたかが評価されます。

お友達が近くにいるときは、空気を読んで“おすそわけプレイ”。
ふたりで空気を読み合える「ふたりで空気読み。」モードを楽しむことができます。
ふたりの仲を円滑にすること間違いなし、あなた達の潤滑油に、わたしはなりたい。

ひとりでも、ふたりでも。
自由に空気を読むことのできる夢の時間、十分にご堪能ください。

引用元:store.playstation.com

発売元:G-MODE CORPORATION
ジャンル:シミュレーター
リリース日:2019/11/15

コメント

タイトルとURLをコピーしました