【MISTOVER】トロフィー評価と自由な感想

MISTOVER

本編のみ。『追加コンテンツ1 ファウストダンジョン』は含まない

トロフィー評価

トロフィー難易度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆(3/10)

プラチナトロフィー獲得のポイント

  1. 死亡時キャラロストという取り返しのつかない要素
  2. 各難易度クリアトロフィー
  3. 稼ぎが必要なトロフィー

死亡時キャラロストという取り返しのつかない要素

  • キャラクターが死亡すると呪われた装備を残してキャラロストしてしまう。
    これにより鍛えたキャラでも容赦なく消滅してしまうので、死亡に注意しながら進めていくこととなる。戦闘以外でも罠や出血のステータス異常によって死亡することが有るので常に進むべきか帰還すべきかの選択が必要になってくる。
  • 全てオートセーブされる仕様によりリセットしてもデータを戻すことが出来ない。
  • ゲーム外のテクニックとして、セーブデータをバックアップする事で疑似セーブとして利用できる。

各難易度クリア

  • 上位難易度クリアでも下位難易度クリアトロフィーが取得できない為、『やさしい』『ふつう』『むずかしい』各はじめから3周、トゥルーエンドの為にクリア後に1周の合計4回エンディングまでプレイする必要がある。
  • 最初のうちはシステムや職業、使いやすい技の選択がわからないが、慣れてくると1周3時間もかからずにエンディングまでたどり着ける。
  • 難易度を高くしても設定により敵の攻撃力やHP、マップに配置される罠や敵の数を調整できるため、極限まで下げてしまえば難易度はあまり関係なかった。

稼ぎが必要なトロフィー

  • 協力スキルを1000回使用する【仲の良い調査隊】、42195歩歩く【マラソンコース】の2つはエンディングまで必要数が確実に足りない為、稼ぐ必要がある。これらのカウントは引き継がれない為、1周内で達成する必要がある。
【仲の良い調査隊】

ストーリー上で出来るだけ使用し、ラスボス直前にてロウニンとパラディン2人を横並びで編成し、ひたすら協力スキルの『悪鬼の盾』か『防御陣形』を毎ターン使用した。

【マラソンコース】

壁に当たっても1歩とカウントされる為、食料を買いゴール直前にひたすら壁に進み続ける。満腹度が0になるとHPが減少するため、HPギリギリで食料を使用。
キャラの最大HPにより1歩で減るHP量が変わるため、HP200以下のレベルが低いキャラ1人で編成すると計算しやすい。

総括

死亡時キャラロストと聞くと高難易度だと感じがちだが、難易度以外にも敵のHPや攻撃力、マップの罠や敵の数、最初からマップ開示といったものまで設定が出来るため極限まで下げてしまえば難易度は関係無くなる。

稼ぎに時間がかかるのでストーリー上で出来るだけ意識しながら進めると良い。
効率的なパーティ編成や有効な技を理解してしまえば簡単。全体攻撃出来る協力スキルで道中の敵は1ターンで全滅出来るし、グリムリーパーの運気剥奪で各ボスのデバフ、さらにはラスボスのシールドすら奪えてしまう。

ボスによっては倒してはいけない取り巻きや有効な技があるので、それらを理解し活用する事で1周3時間程度でエンディングまでたどり着ける。周回が進みシステムを理解するほど時間を短縮できた。

自由な感想


黒い豊穣の女神は許さない絶対に許さないロストしたキャラ返して。

ローグライクという割には武器の引き継ぎが出来ない不親切設計だったり強化システムも単純だったりと強さを実感出来ず、ステージも不思議のダンジョン系のマップですが階層も無くステージ数も少ないというボリュームに乏しい印象を受けました。
そういった不満点はありましたが、ボス戦の難易度の高さと死亡キャラはロストし復活しない、またロストを恐れて脱出する事で滅亡の時計によるバッドエンドが近づくという、高い難易度と緊張感があるシステムでドキドキしながらプレイ出来ました。設定でどうとでも出来ちゃうんだけど。

キャラクターデザインが可愛くて好み。シスターの言動が色々とヤバいけど。
協力スキルも配置によって変わるため、陣形でどう配置しようか悩みました。お気に入りはグリムリーパー。ラスボスのシールド奪ってほぼ無敵になれたり。逆にウェアウルフはあまり使わなかったかな。加入出来た時期が遅かったのもあるかも。可愛い女の子のキャラじゃないとやる気が違う。オンミョウジはバフかけるのが強いんだろうけど殴りに行った方が速いんじゃないかって脳筋の考え。

ストーリーは短く、あまり印象には残らなかったなぁ。この世界は神様の見ている夢って事でいいのかな?トゥルーエンド見ても少しだけ変わるだけでよくわかんなかった。

トロフィー取得の為の稼ぎが大変だった。

ひたすら壁に向かって体当たり。

周回を進めるほど疑似RTAになって行きます。最後は難易度難しいでも雑魚敵ほぼ倒さずラスボスまで直行3時間という効率プレイになっていました。

【MISTOVER】紹介

ローグライク×ターン制コマンドバトル!

ダンジョンの形は入るたびに変化!
戦闘時はキャラの位置が大きく影響する、戦略的なコマンドバトル!
ローグライクとターン制コマンドバトルを合わせた本作ならではのバトルを体験しよう。

装備の収集、合成、スキルの強化などなど……やり込み要素満載!
手に入れた装備はランダムなオプションが付与される。
装備を集めたり、合成したりしてキャラクターを強化しよう。

スキルの強化や団員の編成、クエストなど多くのやり込み要素が待っているぞ。
ただし、死んでしまった団員は生き返らないため要注意だ。

クラスは全部で8種類
戦闘スキルはもちろん、探索時に使えるスキルも異なっているぞ。
個性的な探索スキルを駆使してダンジョンを探索しよう!

ストーリー
多くの王国が繁栄と衰退を繰り返すなか、大陸に突如として現れた未知の存在「幻獣」。
無力な人類は抗うすべを持たず、「幻獣」の強大な力を前に絶望するだけだった。
全ての希望を失い、ただ「滅亡」のみを待っていたその瞬間、突然彼らは姿を消す。
これは、一体……

人類の存亡をかけて霧に閉ざされたダンジョンに挑む「絶望と解放のローグライクRPG」

引用元:playstation.com

発売元:アークシステムワークス(株)
ジャンル:絶望と解放のローグライクRPG
リリース日:2019/10/10

コメント

タイトルとURLをコピーしました