【PLANET OF THE EYES】トロフィー評価と自由な感想

PLANET OF THE EYES

トロフィー評価

トロフィー難易度 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(1/10)

プラチナトロフィー獲得のポイント

  1. 初見殺しのアクション要素
  2. ステージ構成
  3. 特殊条件トロフィー

初見殺しのアクション要素

  • ステージには俗に「初見殺し」と呼ばれるポイントがいくつかある。
  • 触れるとミスになる溶岩や針、巨大な生物といった謎解きギミックが用意されている。

ステージ構成

  • 前述の初見殺しを突破するためのヒントとなるものはゲーム内には存在しないが、周囲にいかにもなオブジェクトが設置されていたりするのでよく観察すると良い。その様なオブジェクトが無い場合はタイミングよくジャンプするアクションで大体突破できる。
  • ミスしてもほぼ直前にチェックポイントが設定されているため色々と試してみると良い。

ヒント無しの特殊条件トロフィー

  • 特殊条件トロフィーがあり、取得のヒントとなるものが無い。
  • トロフィー名や説明文で推測できるものもあるが素直に調べて取得するのが良い。

総括

アクションと初見殺しという組み合わせではあるが、ステージ制、チェックポイント多数、ミス時ペナルティ無しとリトライ性に優れているため難易度は高くない。唯一終盤の動く足場だけ少しアクションに慣れていないと難しいと感じた。


特殊条件トロフィーは素直に攻略情報を調べると良い。

自由な感想

踊るロボットが可愛い。トロフィーアイコンも可愛い。

特殊条件トロフィーが普通にプレイするだけだと見つけられないかも。わざとギミックでミスする事で取得するものや行き止まりを奥まで進む、進行方向とは逆に進むといった無駄な行動が必要なものがあった。

倒れる柱を飛び移るステージと最後の足場のステージが少しだけ難しかった。

ストーリーの最後の展開に驚きました。
喋らないロボットなのに感情移入してしまったのはなんでだろう。

映画館で見たことある。似てない?

【PLANET OF THE EYES】紹介

カナディアン・ビデオゲーム・アワード、ベスト・インディ・ゲーム部門最終選考作品「Planet of the Eyes(プラネット・オブ・ジ・アイズ)」が描くのは、謎に満ちた惑星に取り残されたとある奉仕ロボットの物語。ため息の出るようなグラフィックが広がる世界には、難解なパズルとアクションが散りばめられている。完全オリジナルのサウンドトラックと、フルボイスで収録した音声ログにより、孤独なロボットが旅をする未知の惑星へとプレイヤーを誘う。

引用元:store.playstation.com

発売元:Cococucumber
ジャンル:アクション
リリース日:2017/09/12

コメント

タイトルとURLをコピーしました