【SHADOW OF THE TOMB RAIDER】トロフィー評価と自由な感想

SHADOW OF THE TOMB RAIDER

本編のみ。

『鍛冶場』『御柱』『悪夢』『生存の代償』『ヘビの心臓』『偉大なるカイマン』『帰路』は含まない。

トロフィー評価

トロフィー難易度 ★★★★☆☆☆☆☆☆(4/10)

プラチナトロフィー獲得のポイント

  • 1.収集要素
  • 2.難易度「ベリーハード」攻略
  • 3.特殊キルとチェックポイント

収集要素


モノリスや埋蔵品、コンキスタドールの宝箱といった収集アイテム、チャレンジトゥームという謎解きといった収集要素の種類が多い。
マップに位置は記載されるものの、高低差や回り道が必要なものがあり、辿り着くルートは記載されていないので逆に混乱するものもあった。

難易度「ベリーハード」攻略

  • 最高難易度であるベリーハードでクリアする事で【死への強迫観念】を取得できる。
    ライフが自動回復しない、敵が強くなるといった様々なプレイヤーに不利な条件でのクリアを目指すのだが、その中でも『インスティンクト不可』と『チェックポイントでオートセーブされない』という2点が厳しい。
  • インスティンクト不可
    収集アイテムがハイライトされず、戦闘では敵もハイライトされない。
    戦闘ではある程度の立ち回りの理解や有効なスキルを取得済だと突破し易くなる。
    そのため、先に低い難易度で収集要素やスキルを取得してからベリーハードに挑戦すると良い。
  • チェックポイントでオートセーブされない
    死亡時に最後のセーブからスタートとなる。
    罠や戦闘での死亡はもちろん、アクションのジャンプミスでの落下も問答無用で最終セーブポイントからスタートとなるので慎重な操作が要求される。高所でのアクションが要求されるステージや水中での酸素不足とピラニアの即死に気を付けながら進めるのは想像以上に神経をすり減らされた。

特殊キルとチェックポイント

  • イーグルクローテイクダウンを5回実行する【ドッキリ!】、同士討ちで敵を5人キルする【乱痴気騒ぎ】といった、特定の行動で〇回キルするトロフィーがいくつかある。
  • ストーリーを進める中で確実に実行できるポイントがある。チェックポイントからやり直しても回数はカウントされるので、実行後にリトライすると簡単に累計数を増やせる。

総括

収集要素が多く、謎解きが必要な場面も多々あるためアクションだけと思っていると苦戦する。

難易度ベリーハードは一つのミスで何分、場所によっては何十分もの時間が無駄になってしまうため想像以上に神経をすり減らされた。
一度クリアする事で『はじめから+』という装備やスキルを引き継いで最初から、いわゆる強くてニューゲームの機能がある。謎解きや戦闘、進むべきルートを確認する意味でもまずは低い難易度で一度ストーリーをクリアし、収集要素も集めきってから難易度ベリーハードに挑戦すると良い。

自由な感想

うんち。

前作の『Rise of the Tomb Raider』に比べると、洞窟や遺跡内部といった暗いエリアが多い印象でした。

閉所恐怖症の人は辛いかもしれない。

戦闘ではステルス要素が多いが、無理やり撃ち合いでもクリアできるのが良かったです。マシンガンもって突撃する様なランボープレイでも突破できます。高難易度だとハチの巣にされるけど。

難易度ベリーハードはチェックポイントが無いため敵より落下が怖い。水中ではピラニアが怖い。アスレチックが緊張しました手汗びっちょり。


フォトモードがあり、表情やポーズまで変更できるのが凄い。
シリアスなシーンもギャグに出来ます。
「鍵と箱で、世界を作り替えれる。やり直せるんだ。新しい世界で」
槍があればやり直せるんだ!
その結果カヲル君がどうなったか。世界改変、ダメ、絶対。


お宝


【SHADOW OF THE TOMB RAIDER】紹介

伝説が生まれる。
ララ・クロフト起源の物語、ついに終局へ。

美しき探検家“ララ・クロフト”が世界中の秘められた遺跡を冒険する壮大な物語が全世界を熱狂させ、累計売上6,300万本を記録したアクションアドベンチャーの金字塔「トゥームレイダー」シリーズ。
20年を越える歴史と魅力が最新技術で進化を遂げた本作は、自由度の高い“魅せる”アクションやパズルのような謎解きが待ち受ける遺跡探索など、すべてが最大スケールで描かれる「トゥームレイダー」シリーズの集大成!

今明かされる“トゥームレイダー”誕生の物語
今度の冒険の舞台は、南米のジャングルに眠る古代マヤ遺跡。父の仇であり、人類の未来を操作しようとたくらむ過激な集団“トリニティ”の野望を阻止しようと奔走するララ。しかしあまりに強い執着はララの心に潜む“影”を色濃くし、ついには世界を終末へと導く“鍵”へと手を伸ばしてしまう……。
果たしてララは、世界を終末から救い、究極の探検家“トゥームレイダー”になることができるのだろうか。

地球上で最も過酷なサバイバル
無慈悲な自然が猛威をふるうジャングルでの戦いを生き残るためには、世界を味方につけなければならない。水没した広大なエリアでは、障害物を越えて抜け道を切り開きながら探索することになる。
戦うのに十分な武器を持たず、圧倒的に不利な状況に置かれるララが戦うすべは、ジャングルとひとつになること。カモフラージュのために泥をかぶり、ジャガーのように音もなく忍び寄り一撃で敵を沈め、混乱を引き起こすのだ。

死の罠が待ち受ける遺跡の探索
シリーズの醍醐味である遺跡探索はさらに進化。侵入者の命を奪う罠で満ちた遺跡の、パズルさながらの壮大な仕掛けを解き明かしていこう。

引用元:playstation.com

発売元:(株)スクウェア・エニックス
ジャンル:アクションアドベンチャー
リリース日:2018/09/14

コメント

タイトルとURLをコピーしました