【Silver Chains】トロフィー評価と自由な感想

Silver Chains

トロフィー評価

トロフィー難易度 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2/10)

プラチナトロフィー獲得のポイント

  1. ストーリー進行で獲得可能なトロフィー
  2. マザーに1度も捕まらない【奇術師】
  3. タイムアタック【テーセウス】

ストーリー進行で獲得可能なトロフィー

  • 大体のトロフィーがストーリー中に獲得できる。
  • アミュレットを全て集める【収集者】、アコニットを全て集める【薬草採集者】、鍵を全て集める【キーマスター】という、トロフィー説明文を読むだけだと収集要素だと思ってしまいがちだが、ストーリー上で全て入手出来る。
  • 日記のページを全て集める【勤勉】も、進行ルートの分かり易い場所に置いてある。

マザーに1度も捕まらない【奇術師】

  • 一度でも捕まってゲームオーバーになるとその周回では獲得不可。
  • 走る速度はプレイヤーと同じなのでダッシュしている限り捕まらない。クローゼットに入って心音が鳴りやむまで外に出ないように。
  • 全部で6回出会う場面があるが、最後のシーンが少し難しい。間に障害物を挟み上手く誘導すると良い。屋根裏に行けばクローゼットには入らずとも逃げ切れる。
  • 択一トロフィーとして、マザーに殺されることで獲得出来る【被害者】トロフィーがある。

タイムアタック【テーセウス】

  • セーブデータのバックアップ推奨。後半に探索する板で囲われた迷路を30秒以内に抜けるとトロフィー獲得。体感的に30秒以上猶予があったように感じた。

参考にさせて頂いた動画

総括

ストーリーは長くなく、探索とパズルの閃きが多少必要なくらいで難易度は低い。

マザーは出現するポイントは決まっており、またストーリーの進行上でしか出現しない。これらを理解しておくとゲームオーバーに怯えながら探索しなくとも良いので覚えておこう。

マザーに捕まらない【奇術師】、タイムアタックである【テーセウス】獲得の為にセーブデータのバックアップをうまく利用したい。

一度も捕まらない【奇術師】、日記を全て集める【勤勉】に気を付けてゲームクリア、その後新たなゲームでマザーに殺される【被害者】の獲得、の流れでプラチナトロフィー獲得を目指すと分かり易い。

自由な感想

バァーン!(クソデカ効果音)

ビックリ系の驚かし方が多いので心臓に悪い。急に出て来ないで。

雰囲気も怖く、閉鎖的な屋敷とホラーってどう考えてもベストマッチ。バイオも初代の洋館や7の家が怖いですよね。

加えてマザーに追いかけられる恐怖とクローゼットの最強な安心感が良い具合に緩急をつけられ、楽しいホラー体験でした。とはいうものの敵を倒せないホラーが一番苦手です。銃とか剣とか最悪カメラでもいいから対抗手段が欲しい。ロケットランチャーまでいくとそれはまた別の話。

謎解きもあり、恐怖の中での探索と謎解きという組み合わせが謎の焦燥感を覚えました。実際はマザーの出現要素はランダムではなくストーリーに沿って出て来るので、その法則に気づいた時から屋敷を走り回ってたけれど。

海外のゲームだと悪魔が一番の恐怖の対象なんだなあ、と感じました。ゲームにおける文化の違い、みたいなテーマで考察とかそのうち記事にしてみたいです。

【Silver Chains】紹介

Silver Chainsは、物語と探索に重点を置いたファーストパーソンホラーです。古い廃墟化した屋敷でヒントを探し、そこで起きた恐ろしい出来事の真実を解明します。

パズルを解き、自らとこの屋敷の秘密との繋がりを明らかにしましょう。ですが、油断は禁物です:何か恐ろしいものが冷たく暗い屋敷の中を彷徨っています。すでにあなたは狙われているかもしれません…

嵐の夜、木に車を衝突させてしまった後、ピーターはイギリスのとある廃墟化した館で目を覚ます。どのようにしてそこへ辿り着いたのかも、そこに行った理由も思い出せなかったが、すぐに彼はその家に何かがいる事に気付く。

特色:

• 独特の雰囲気を持ったホラー体験:写真のようにリアルで、精密な映像が古い廃墟化した屋敷の内部に息を吹き込みます。闇に包まれた通路、激しい雷雨、超常現象、身の毛もよだつようなストーリー、そして不気味な音の演出と英語の語りがあなたをゲームに引き込みます。

• パズル及びアクション要素を含んだストーリー性のある探索ゲーム:巨大な館のミステリーとそこに住んでいた住民の歴史を探ります。パズルを解き、鍵のかかっているエリアへ侵入します。暗闇に潜む危険なものたちに気を付けてください。あなたは、この邪悪なものと戦うことはできません。逃げて、隠れる場所を見つけてください。

引用元:store.playstation.com

発売元:株式会社Beep Japan
ジャンル:アドベンチャー, ホラー
リリース日:2021/04/26

コメント

タイトルとURLをコピーしました